自由な生活を

将来はサイドFIRE!

残業3時間の1日、タイムスケジュール

どうも、ゆたんぽです!

今週は3日もフル残業(3時間)があってきついです。

ブログも更新頻度落ちててすみません。なんとか時間を捻出して書いていきます。

というわけで、今回は残業3時間の日のざっくりとしたタイムスケジュールを話していきたいと思います。

 

 タイムスケジュールを表にしてみました

f:id:yutanpokun:20210526232922p:plain

残業3時間の1日

はい。これを見てどう思われるでしょうか?

ちなみに2時間に一回10分休憩があります。休憩があるだけまだありがたいですね。

 

1日の勤務拘束時間

仕事に使う時間ですので、通勤時間も合わせて計算します。

 

朝、家を出るのが、7:40。帰宅が21:00。ということでだいぶざっくりですが、13時間と20分の時間拘束があります。実働時間としては休憩があるので10時間半ぐらいです。

 

1日の半分以上が仕事になっています。生活をかなり圧迫してくるので家でゆっくりする時間もかなり削られていきます。

 

実働部分は10時間半ですが、通勤にだいたい片道30分ぐらい(往復1時間ぐらい)、休憩時間10×4と昼休憩45分1時間25分あります。働いている以外の時間に2時間近くも使うのが重要なポイントですね。

 

デスクワークの職場だとここまで細かく休憩を取らないのではないでしょうか?肉体労働ですので適度に休憩を取るようになっています。良いところでもありますが、このように拘束時間が増えていく欠点もあるわけですね。

 

通勤時間に関しては1時間以内で恵まれている方なので、もっと距離があったらと思うとぞっとします。

 

yutanpokun.hatenadiary.jp

 

 

家での時間

家でやるのは入浴、料理、食事、洗濯。この4つは必ず行います。

あとは今やっているようにブログをかいたり、ネットサーフィンをしたり、youtubeをみたりと、少しであれば自分の時間を持つことが出来ます。

 

だいたい家事で1時間ぐらいで済ませて、できるだけ時間を有効活用したいですが、お風呂に入って料理をし、食べ終わるころには22時半とかになるんですよね…

 

就寝は23:45としましたが、日によってバラバラではあります。基本的にはもっと早く、できるなら23:00には布団に入るのが目標です。今日はブログでだいぶ寝るのが遅くなりそうです。

 

とにかく7時間は睡眠時間を確保したいです。できるなら7時間半~8時間は目安としています。睡眠不足で仕事に支障をきたすと辛いのは自分なので、健康には人一倍気を使っているつもりです。

まとめ

いかがでしょうか。残業3時間でも生活は結構厳しくなります。

 

勤務時間以外にも、通勤時間や休憩時間も拘束時間になります。そのあたりも考慮に入れて職場を選びたいですね。特に通勤、休憩には給料がつきませんから、お金の面でも勿体ないですし、長ければ長いほど自分の人生の時間を損していることになりますよ。

 

今回はここまで、ありがとうございました~