自由な生活を

将来はサイドFIRE!

カラオケバイトの仕事内容

どうも、ゆたんぽです!

今回は学生時代にやっていたカラオケバイトの内容について話したいと思います。

これからバイトをしようかなと思っている人やどんな仕事なのか気になる人は参考にしてみてください。

 私が働いていたのは、みなさんの想像するような大手のカラオケ店ではなく、東海地方に何店舗かある程度の中くらいの会社でした。

料金について

 

料金システムとしては、どの料金コースにもソフトドリンク飲み放題がついていて、ドリンクバーでいくらでも飲むことが出来ます。

 

お昼は三時間フリータイムがあって、三時間で550円ぐらいでした。(時期などで変動有)18~19時ぐらいから夜の料金になって、一時間いくらという単位になります。joyjoyさんとか30分単位がありますが、うちは最低一時間からスタートで、それ以上なら30分単位でも時間延ばせます。

 

夜のコースはアルコールの飲み放題があって、B,C,Pの三つがあります。(Aはアルコール無し、Pはプレミアム)違いとしては飲めるアルコールの種類が増える代わりに料金が上がっていくものです。居酒屋さんとかでよくありがちなシステムですね。

 

仕事内容

 

お客さんの多い昼~夜は接客がメインで、お客さんの相手をしながら空いた部屋を片付けたり、洗い物をしたり、掃除をしたりしています。たまに食事の注文もあるので、それを作っていることもあります。よくあるポテトとかですね。

 

夕方になると料理のメニューが増えますので、少しややこしくなりますが大抵のものは店長や社員さんが作るようになっています。あとはお酒の飲み放題があるので注文が多くて慌ただしいです。主にお酒作って持っていくのが基本になってます。

 

深夜になってくると、お客さんもあまり入ってこなくなり余裕がありますので、接客をしつつも掃除も結構やっていく感じになっていきます。閉店に向けての締め作業や昼間だと掃除している余裕が無い場所などを片付けたり、掃除します。

 

店舗にもよりますが、私の店舗は小さいところだったので、ほぼ一人で回してることが多かったですね。二人いても一人が何らかの理由で拘束されたりするとなかなかきついです。

 

仕事で大変なこと

 

忙しいときというのは、お客さんが多いときではないです。カラオケの仕事というのは部屋にお客さん入れたら、時間までは出てこないので、10分前の電話以外は基本的に何も干渉する必要は無いのです。忙しいのは、注文が多いときや、一気に空く部屋がたくさんあるときです。

 


朝~夕方にかけては平日は一人で回さないといけないので、注文や客対応が重なってくると結構バタバタです。

 


夕方~夜は店長や社員さんが出勤してくるので二人で回してます。お酒をバンバン頼むお客さんや料理を頼まれると非常に忙しいです。お酒だけなら慣れている人は対応できるのですが、料理が入ると一人割かないといけなくなるので作っている間はほぼ一人で回すことになって忙しくなります。

 

深夜は社員さんが休憩に入るので、2~3時間は一人で回さないといけません。それも、まだお客さんの出入りのある時間帯から休憩に行ってしまうので、締めの作業をしつつ、客対応もすることになります。基本は暇なんですがね。

 

まとめ

 

とにかく全時間帯で大変なのは、人数が少ないことです。ワンオペの経験をしたことがある人にはわかると思いますが、一人いるか、二人いるのかというのは非常に大きいです。何かあったときに一人だと完全に仕事が止まっちゃうんです。トイレとか行きたくなっても困りますし。暇な時とかは一人では時間を持て余しちゃうこともしばしば…

 

忙しいときと暇な時の差が結構激しいので、いいシフトの時間帯に入ることが出来れば楽にたくさん稼げるかもしれません。接客が好きな人であればお客さんにも好かれて、接客もしやすいと思いますよ!


現状の一番の問題としてコロナウイルスのせいでカラオケ業界は厳しくなっていることですね。今からカラオケバイトをするのはおすすめしません。多分募集も少ないと思いますし、感染リスクを考えると辞めた方がいいのかなと感じます。

 

今回はここまで、ありがとうございました~