自由な生活を

将来はサイドFIRE!

サイドFIREとは?FIREと何が違う?そもそもFIREって?

 どうもみなさん、ゆたんぽです。
私は将来サイドFIREをしようと思っています。私自身がどのような戦略でサイドFIREを達成しようと考えているかはのちの記事でお伝えします。

今回はそもそもFIREやサイドFIREがどういうものなのかまとめたいと思います。

 

そもそもFIREとは?

みなさんはFIREって知ってますか?最近色々なところで目にするようになりました。有名どころとしてはオリラジの中田さんがFIREを動画で取り上げていますね。他にも厚切りジェイソンさんは既にFIRE達成していることでメディアで取り上げられることもあります。やろうと思っている方もいらっしゃると思います。

 

FIREとはFinancial Independence, Retire Early movementの頭文字を取ったものです。日本語では「経済的自立」と「早期退職」ということです。つまり一生生活できるだけの十分なお金資産)を確保して、残りの人生を仕事に縛られずに生きていこうという事ですね。

 

魅力的に感じる人も少なくないと思います。ですが、FIREには問題点があります。

 

FIREの問題点

先ほどの説明通り考えるとFIREのためには仕事での収入が無くても死ぬまでお金が無くならない程の貯蓄が必要になります。高給取りのお金持ちならともかく、平均レベルの収入ではそこまでお金を貯めるまでには非常に長い年月を必要としますよね?

 

そこで考えられたのがサイドFIREというわけです。

 

サイドFIREとは?

 

サイドFIREというのは収入の一部は仕事で稼ぎ、残りの分を不労所得で補おうというものです。FIREに比べ完全に労働から自由になることはできませんが、ある程度の自由な時間が得られ、必要な資産も少なくて済みます。そのためFIREよりも達成しやすいとされています。

 

FIREとサイドFIREのどちらがいいかというのは好みや家庭の経済状況にもよるのでどちらがいいとは言えませんが、双方の特徴を見ていきましょう

 

FIREの特徴

  • 全く働かなくても生活が維持できる
  • その分資産を多く蓄えなければいけない
  • サイドFIREよりも自由に使える時間が多くなる
  • 働いてもよいし、働かなくてもよいという選択の自由がある
  • 資産が何らかの理由で大きく減ってしまうと生活の維持が難しくなる

 

サイドFIREの特徴

  • 生活費の半分は自分の力で稼がなくてはいけない
  • FIREほど資産を蓄えなくてもいい
  • フルタイムで働かなくてもいいので仕事の選択肢が広がる
  • 何らかの状況で資産が大きく減ってしまっても労働による収入でカバーできる

 

私なりにまとめたものなので主観的なものですがおおまかにはこんな感じだと思っています。どちらもメリット・デメリットがあるので難しいところですが、必要資産ではサイドFIREの方が達成するハードルは低いので話題になっているわけです。

 

FIRE、サイドFIREについて短いですがざっくりとまとめました。参考になったでしょうか?私もまだまだ勉強中です!分からないことや間違っていることがあれば教えてほしいです。

 

今後達成するには何が必要なのかについても取り上げようと思ってます!今回はここまでです。ありがとうございました~